シングルレバーの水道パッキン交換方法

キッチンやお風呂の水道から、水漏れを起こすというトラブルを経験したことがある人も多いのではないでしょうか?
水漏れを起こしたとき、水が止まらないと水道代も上がってしまいます。では、水漏れのトラブルが発生したとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

キッチンやお風呂などで使われている水道の蛇口は、最近のものはほとんどがシングルレバー水栓です。シングルレバー水栓とは、水とお湯が混合で出てくるタイプの水栓で、レバーを左右に回すことで、温度調節が簡単にできる水栓です。

水栓から水漏れが起きている場合、いろいろな原因が考えられますが、一番多いのはパッキンの劣化によるものです。使用頻度にもよりますが、だいたい10年くらいでパッキン交換が必要になると言われています。

シングルレバー水栓のパッキン交換の方法ですが、まずは、上のレバー部分をスパナで外します。レバー部分が外れたら、内部にパッキンが入っています。最近のシングルレバー水栓では、内部にカートリッジが入っており、カートリッジの中にパッキンが埋まっているものが多いです。

以前のものは、パッキン交換のみで対応できましたが、最近のものはカートリッジごと交換が必要な場合も多くなっています。メーカーやシングルレバーの種類によって、合うカートリッジもパッキンも異なるため、蛇口の品番を確認する必要があります。

また、蛇口によっては特殊な形状のものもあるため、メーカーに問い合わせると、間違って購入することもなく、安心してパッキン交換ができるでしょう。