蛇口パッキンのサイズについて

蛇口から水が漏れたり、パイプの付け根や水栓の付け根から水が漏れてくる場合は、ぽたぽたという音が気になるだけでなく、いつの間にかたくさんの水をむだにしてしまっていることになるので、早めの修理が必要です。水漏れがある場合には、パッキンが劣化していることが多いので、早めに交換しましょう。

パッキンは、蛇口の種類や蛇口のサイズによって、サイズが異なります。また、コマとパッキンが一体の物や別々の物があるので、良く調べてからパッキンを購入しましょう。分からない場合は、メーカーに問い合わせるとサイズを教えてくれることがあります。

また。水道の元栓を閉めて、水漏れがある部分を分解してパッキンを取り出し、ホームセンターなどに実物を持っていくのも間違えがなく、確実な方法です。単水栓なのか混合栓なのかや2ハンドル混合栓なのかシングルレバー混合栓なのかなどによって、パッキンのサイズが違うので、サイズの確認は慎重にしましょう。

作業をする時には、蛇口を分解するために、モンキーレンチなどの道具が必要です。道具があれば、何回でも自分で交換することができるので、ホームセンターなどで購入することがおすすめです。また、コマやパッキンを交換する時には、小さくて作業がしにくいので、ピンセットがあるととても便利です。

一箇所交換できるようになると、仕組みは同じなので、他の蛇口の交換もできるようになります。自信がない時には、お店の人に方法を聞いて確認すると良いでしょう。