蛇口の水漏れ パッキン交換のポイント

台所やトイレ、洗面台などの蛇口から水漏れが起こるのは、ほとんどがパッキンの劣化による問題です。

専門業者を呼ばずに、自身で交換しようと思う人は、手順を間違えることさえしなければ比較的簡単に交換ができますが、パッキンはホームセンターなどで売っていますが、種類が多く間違えると合わないこともあるので、交換するパッキンを外してから持って行くといいでしょう。

外すためにはまず水がどこから漏れているか確認する必要があります。蛇口の筒先から水が止まらずポタポタと漏れている場合や、水を出したり止めたりするハンドル部分から漏れている場合は、このハンドルの根元にあるパッキンが原因となります。

蛇口の接続部から漏れている場合もあるので、間違えないように注意して確認します。どこから水漏れがしているか確認が終わったら、水道の元栓を閉めて、部品などを誤って落とさないように排水溝にタオルなどでフタをしておきます。

次にウォーターポンププライヤやモンキーレンチなどの工具を使ってナットを外し、中身を取り出します。プラスチック製のハンドルが付いている場合は、中心にある色つきのキャップをマイナスドライバーなどで外して、ネジを取ることで外れます。

パッキンを新しいものと交換したら逆の手順でナットなどを戻していきます。止めていた水を流してみて水漏れがないか確認したら終了となります。万が一水漏れが直らない場合は、パッキンと接合部にゆがみが生じて隙間が出来ている可能性があります。この時はシールテープを用意して、ナットのネジ山に巻き付けてから締め直すことで、完全に水漏れが止まります。