レバー式の水道パッキンの交換について

水道蛇口には様々な形状のものがあり、キッチンなどででは、レバー式タイプの水道蛇口が多く使用されています。このタイプは左右の調整によってお湯と水を自在に混合でき、上下の動きによって水量を決めることができタイプです。

キッチンの下側の収納スペースの天井部分で接合されていることが多く、お湯と水の2つの給水管が1つに混合されていることも一般的です。

このシングルレバータイプの水道蛇口から水漏れが発生してしまった場合では、大きく分けると4つの原因が考えられます。

蛇口の下から水漏れが起きているケースでは、パッキン交換を行うことになり、レバーに取り付けられているネジを外してナット、バルブ、蛇口の順番に取り外していきます。
最下部にはパッキンが設定されているので、そのまま新品へとパッキン交換を行う方法で水漏れをストップさせます。

リング状のパッキン交換の場合には、比較的簡単に作業を済ませることができますが、パッキン交換の際には事前に周囲の汚れなどを洗い流しておくと少しの手間で作業もしやすくなりますので簡単に掃除してから作業を始められると良いでしょうでしょう。

蛇口の上から水漏れが起きている場合では、蛇口の不具合やバルブの不具合、ナットの緩みなどを疑うことができ、一般的に多いものではバルブ交換を行う方法で解決できる場合があります。

レバータイプの水道蛇口でも、本体は一般的な蛇口と同じ形状のものもあります。このタイプではレバーを外してコマパッキンやリング状のパッキンを新しくする方法で修理を行うことができます。レバーの外し方については周囲を探した際にネジが見当たらないケースもあり、この場合ではキャップの内部に隠されている可能性がありますので、そのような場合は内部を確認してみると良いでしょう。