蛇口の水漏れ シングルレバーのパッキンについて

長年使っているシングルレバーの蛇口から水漏れするというのは、たいへん多く見られる故障の一つです。蛇口から水漏れする主な理由は、バルブの故障でしょう。そのようなケースの場合、水漏れを修理する方法の一つは、バルブを交換することです。

修理方法はそれほど複雑ではありません。説明書通りにハンドルを外し、ナットを緩め、バルブを交換します。この時に、ナットの締め方が緩いと水漏れを引き起こす可能性があるため、ナットはしっかり締めるようにしましょう。自分で新しいバルブを購入し交換することもできますし、メーカーに修理を依頼することもできます。

しかし、中にはシングルレバー水栓を十年以上使用しているという場合もあるでしょう。もしそうであれば、新品の蛇口に買い替えることがベストだと言われています。なぜなら十年経った製品であれば、パッキンが劣化していると考えられるからです。

そのため、修理するだけでそのまま使い続けていると、劣化したパッキンの破片などが水に混じってしまうことさえあるようです。これでは健康にも有害ですから、早期の対策を講じることが必要でしょう。

さらに十年物のシングルレバーの場合、バルブを交換したとしても別の箇所が故障するということもあります。こういった理由で、新しい製品に買い替えるのがよいと言われています。
一般には、蛇口の寿命は十年から二十年と言われています。製品によっても大きく異なるため、自分の使っている製品についてよく確認するようお勧め致します。