水道の蛇口パッキンの交換方法

水道の蛇口パッキン交換方法について、蛇口のハンドドルを閉めても蛇口から水が垂れる場合は、パッキンが摩耗し、パッキン交換が必要です。

パッキン交換の方法はまず、水道のメーター部分のバルブを閉めて、水が供給されないようにします。次にパッキンを押さえつけているハンドル下のナットを、プライヤーなどで緩めます。モンキーレンチで緩めると蛇口本体を傷つける場合があるので、工具選定には十分に注意してください。

内部にコマが入っていますので、そのコマを取り出し、新しいパッキンに交換します。パッキン本体は金物店や、日曜大工ホームセンターなどで購入できますが、パッキンのサイズにはさまざまのものがあるため、外したパッキンそのものを持ってホームセンターなどに買いにいくとサイズ間違えがないので安心でしょう。

パッキンの交換が完了したら、コマ部分を指先でおさえながら本体にはめ込みます。
あとは、今までの反対の工程を行えば完了です。
なお、水道メーターのバルブを開放する場合は、少しづつ、蛇口からの漏れの有無を確認しながら開くと安心です。

交換後のパッキンを長持ちさせるためには、ハンドルを強く締め付けないことが重要です。ハンドルは回し過ぎると必要以上にパッキンを劣化させてしまうこととなりなりますので、限界まで回せばいいということはなく、蛇口からの水漏れが止まったらそれ以上回さないように気を付けましょう。

なお、一体型のシンググルレバー混合栓や、特殊な蛇口の水もれは、特に知識や技術をお持ちでない場合には、専門業者に修理を依頼する方が無難でしょう。