水道パッキン 取替えのコツとポイント

水道の水漏れという問題を防ぐためには、パッキンを上手に交換することがどうしても必要となります。上手に取替えをするために、事前にポイントを知りしっかりとコツをつかんでおくようにしましょう。

水道のパッキンを上手に取替えるコツは、パッキンの役割を知ることです。パッキンは非常に小さいものですが、水道管の接続になくてはならない大事な部品なのです。二つのパーツを接続する際、パーツとパーツの間に少しでも隙間があれば、そこから水漏れを起こしてしまいます。そこで二つのパーツをつなぐ際には上手に接続しなければなりません。

パッキンを取替える時のポイントの一つは、それぞれのパーツにあるネジ山の回し方です。両方のネジ山をそれぞれ水平にして回すようにしましょう。仮に、ネジ山が斜めになっていると接続することはたいへん困難で、しかもネジ山をいためてしまうことにもなりかねません。そうすると、その部分から水漏れが起こる結果にもなってしまいます。

水道のパッキンを上手に取替えるもう一つのポイントは、パーツ同士の接続部分の隙間をなくすために奥までしっかり回し入れるという点です。ネジ山を回して行って最後にパッキンに当たれば、しっかり奥まで回したことになります。そうすることによって、接続部分の隙間はなくなります。

結果として、そこから水漏れが起こることはありません。このようにしっかりとコツをつかんで工事を行なうなら、優良な工事を行なうことができるでしょう。