水道パッキンの種類について

1つの水道蛇口であっても複数の箇所にパッキンが取り付けられている種類は多く見ることができます。単水栓などの最も基本的な水道蛇口であっても、ハンドルの下にはドーナツ状のパッキンが取り付けられていて、三角パッキンと呼ばれることもあります。

断面を見ると三角形の形状を持っていることが特徴で、その下にはコマパッキンが設置されていることも一般的です。コマのような形状で、上部はつまみのような形状に仕上げられていることが特徴です。

水道蛇口のパイプ本体が左右に自由に動かすことのできるタイプでは、U字型のパッキンが設定されていることになり、このタイプの特徴はゴム製のものと樹脂製のものを重ねて使うことも一般的です。

他の種類の水道蛇口の場合では、例えば浴室などで使われることの多い混合栓などを見ることもできます。混合栓の場合では給水管が2ヵ所に設定されていることで、それぞれにクランクが取り付けられています。クランク部分と蛇口本体の接合部分にもクランクパッキンが設置されています。

キッチン用のタイプの種類の中には一般的なゴム製のタイプではなく、カートリッジ方式の蛇口も利用されています。水漏れなどが発生してしまった際にはパッキンを交換する方法で修理を行うことができますが、種類について判断が難しい場合では、それぞれのパーツの直径を計測する方法や、実際に取り外しを行って新しいものを購入する方法もあり、サイズの規格なども様々なものがあるので、間違わないように準備することが必要です。