混合栓タイプの蛇口パッキン交換方法

蛇口の種類の中には混合栓と呼ばれているものが利用されています。
基本的な混合栓の種類の中には浴室などで使われることの多いタイプがあり、浴室用で多いものでは2ハンドルでシングルパイプに設定されているものになります。

お湯と水用の2つのハンドルが設置されており、中央のパイプによって混合される仕組みを持っています。このタイプの混合栓の蛇口に水漏れが起きてしまった場合では、該当する場所のパッキン交換を行う方法で多くのケースで解決できます。

一般的な蛇口とは異なって、給水管がお湯と水の2つに分かれていることが特徴になり、クランク部分から水漏れが起きている場合では、クランクを取り外した際に出てくるパッキン交換を済ませる方法で水漏れを直すことができます。

ハンドル下の部分では、それぞれのハンドルを取り外した上で、パッキン交換を行う方法ですが、ハンドルを取り外した場合では、同時にコマパッキンを交換しておくことも良い方法です。

パイプの付け根から漏れているならば、ナットを外した上で該当部分のパッキン交換を済ませる方法で解決させることができます。混合栓で注意をしたい部分としては、壁面に固定されているクランク部分を緩める際に、給水管と接合されている箇所は動かさないように配慮することが必要です。もしも動かしてしまった場合では、シールテープを新しくすることが必要になり、ネジ部分を十分に締め付ける方法でトラブルを未然に回避することができます。