混合栓タイプの蛇口の水漏れ

蛇口の種類は一つだけではありません。大きく分けて二つの種類に分類することができます。

一つは単水栓で、もう一つは混合栓です。基本的に単水栓は、一つの蛇口から水か湯のどちらか一方のみが出てくるという仕組みになっています。それに対して混合栓とは、一つの蛇口から水と湯の両方が出てくるのが特徴となっています。

もちろん、一口に混合栓と言っても、幾つかのタイプが存在しています。
その一つはツーバルブタイプのものです。二つのハンドルが付いており、両方を回して水と湯とを調整するものです。このタイプの蛇口から水漏れした場合、主な原因は、コマのパッキンが劣化したことにあると考えられています。

このようにコマのパッキンが劣化すると、蛇口から水漏れする可能性が高くなるため、修理するなり部品を交換するなりして、是非とも早めになおすようにしましょう。

さらに混合栓の別のタイプとして、サーモスタット式のものがあります。このタイプのものには、パイプとシャワーの切り替え部分が付いているものです。この切り替え部分が劣化してしまうと、シャワーや蛇口から水漏れを起こす可能性が高くなるのです。

このように同じ混合栓タイプと言っても、どの形式の蛇口かによって、水漏れの原因は異なることでしょう。もちろん原因が違えば対処の仕方も異なってきます。自分の家庭で使っている製品の特徴や水漏れの原因をはっきり突き止めて、適切な対応ができるようにしましょう。