自分でできる?蛇口の水漏れ修理

自宅の水道の蛇口からの水漏れが発生して、よく分からないから業者にお願いをしてしまったという人も多いのではないでしょうか。

ですが、水漏れトラブルは、ケースによっては簡単に自分で修理できるタイプもあります。業者に頼むとなると、交換をする部品代の他にスタッフが作業する人件費、自宅まで出張してもらうために交通費などがかかり、さらに早朝や夜間、土日祝日などにお願いするとなれば時間外料金が発生してしまうので、トータルで考えた修理料金は思っていた以上に高くなってしまうものです。

蛇口からの水漏れであっても、吐水口からポタポタと水が垂れてくる状態であればケレップと呼ばれるコマの交換で対応することができます。

モンキーレンチでカバーナットを取り外し、ハンドルをゆるめて外すと古くなったケレップが見えます。ケレップには蛇口によってたくさんの種類があるので、必ず同じものを購入することが重要です。

ケレップは指で持ち上げるのが難しいのであれば、ピンセットでつまむようにして持ち上げて取り外します。あとは、元通りに戻せば完成です。クランクナット部分やハンドルの下、パイプの根本など金具の切れ間から水が漏れるようであればパッキンの交換をします。

水漏れ修理では、モンキーレンチが必要な部位も多いものです。持っていないという人は一つ持っておくと重宝する道具です。ケレップやパッキンもホームセンターで購入できるので、モンキーレンチも一緒に手に入れておくといいでしょう。