蛇口のパッキン交換方法

蛇口には多くの種類でパッキンが設置されています。通常ではゴム製のタイプを用いてるものになり、ゴムの密着性や弾力性によって水漏れが起きてしまうことを防ぐ役割を持っています。

しかし、ゴムの性質上として長期にわたって使用していると、ゴムが硬くなり劣化を起こしてしまうことが多く、その結果として水漏れが発生することがあります。
このケースではパッキン交換を行う方法で解決できることになりますが、パッキン交換方法に関しては蛇口の種類によって若干の違いが生じています。

最も基本的なシングルパイプの蛇口を例にするならば、水漏れを起こしている箇所を特定することが先決です。
ハンドルの直ぐ下から水漏れが起きている場合ではハンドルの中央にあるキャップを外してドライバーでネジを取り外し、最初に見えるパッキンを交換する方法で直すことがでできます。

ハンドルを十分に閉めていても、蛇口の先端から水漏れが起きている症状では、ハンドルの最も下部に位置しているコマ型のパッキン交換を行う方法で水漏れを解消させることができます。

自在パイプの付け根部分から水漏れが起きているならば、カバーナットを取り外してから、付け根部分に設置されているパッキンを交換する方法で修理を終えることができます。

一方で蛇口の付け根部分として壁面との境界部分などから水漏れが起きてしまっている場合では、給水管との接合部分に不具合が生じていることになり、シールテープを新しく巻き直す方法で解決できる場合があります。