蛇口の水漏れの原因は?

家庭内には蛇口がキッチンや洗面所・お風呂場に取り付けられています。これらの蛇口から水漏れが起きた場合、対処はどのようにすればよいのでしょう。

ほとんどの方は水道設備を取り扱う業者に依頼すると思いますが、支払う金額は意外に高くついてしまいます。ではどうすれば安く対処できるかと言うと、自分で蛇口の水漏れを修理する事です。えっと思うかも知れませんがホームセンターには蛇口を構成する部品類が販売されており安く購入する事が可能です。

部品を購入する前に確認しておかなければならないのが、どこから水漏れが起きているか?ということです。それによって対処の方法が変わるからです。

多いのは、パッキン類の劣化が原因で起こるケースや蛇口本体内にあるケレップの劣化が原因で水漏れが発生するケースです。この両方が水漏れの大半を占める原因であるので、これらの部品を交換する事によって水漏れは治まります。

修理を自分で行う場合には特には特別な工具類は必要がなくレンチが2本あれば十分修理が可能です。ただし注意しなければならないのが、必ず止水栓を閉める事を忘れない事です。止水栓を閉めてから水が漏れている個所をレンチで取り外して劣化している部品を交換するのが基本です。

本体内にあるケレップは取り出しにくい場合ピンセットで摘む事が可能です。パッキンやケレップの交換だけではそれほど時間は掛りませんので、業者に委託するよりかはるかに時間も金額も支払う金額は少なくてすみます。水漏れの際は業者に頼む方も多くいらっしゃいますが、水漏れの原因をしっかりと見極め、正しい手順を踏めば、自分で修理することも可能ですので、コストを重視したい方ならば修理に挑戦されると良いでしょう。