蛇口の種類について

蛇口とは、水道水などの液体を運ぶ管の出口の部分あるいはその部分の器具のことをいいます。

蛇口の種類は主に、キッチン、浴室、洗面に別れています。カテゴリーごとにさまざまな種類があります。

キッチン用の種類としては、台に取り付けられるタイプで円柱が穴が1つのタイプ、台に取り付けられる穴が2つのタイプ、壁に取り付けられているタイプのものが一般的です。

浴室蛇口としては、浴槽の縁などに取り付けられるタイプで、シャワー付きで2ハンドルタイプ、壁に取り付けられシャワーがあり、なしのタイプが選べます。

洗面用のものは、台に取り付けられているタイプで後ろにある棒を押すと洗面器が開き引く閉じるなどのポップアップ式、台に取り付けられている水栓取り付け穴が2つのゴム栓付きにタイプとポップアップタイプ、ワンプッシュ式があります。また、台に取り付けられており吐水口と本体が離れているタイプの物もあります。

ほかにも、水やお湯だけを出す単水栓、お湯と水を混合して吐水できる混合水栓、レバーひとつでお湯や水の出る量や温度を調節できるシングルレバー、捻る具合で温度や量を調節するツーハンドルなどがあります。

蛇口の種類はさまざまありキッチン、浴室、洗面などさまざまな適した商品が販売されています。場所によって種類や構造などが異なるため、そこを理解することで自分の気にいった商品を取り付けられます。蛇口を交換することによって、使いやすさや節水にも繋がります。