水道の蛇口パッキンが劣化すると

水道の蛇口からぽたぽたと水が漏れるといったトラブルや、水道のハンドル下やナットぶぶんからじわじわと水漏れすると言ったトラブルの多くは水道パッキンの劣化により起こっています。パッキンのゴムが劣化すると、水道内部に隙間が生じ、そこから水が漏れだしてしまうのです。

そういった水漏れはほとんどの場合パッキンを交換すれば修理完了となります。水道の専門業者を呼んで修理してもらうことももちろん可能ですが、費用がかかります。ホームセンターなどで部品を購入すれば簡単に自分で修理ができるので挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。

蛇口から水漏れをする場合には、いくつかのパターンがあります。そのパターンにあわせて修理をすることがとても大切になってきます。まず、ハンドルをしめても、蛇口の先端から水がぽたぽたともれる場合です。

この場合は、水栓内のコマケレップと呼ばれる水量を調節する部品を交換する必要が出てきます。部品は、お店で販売されています。コマケレップは、コマの開閉を操作するスピンドルという部品の下についているものです。

そのほかには、自在水栓のすき間から水漏れする場合です。この場合は、まずナットを締めなおしてみます。それでも止まらない場合には、パイプパッキンを交換する必要が出てきます。次はハンドルの下部のすき間から水漏れが起こる場合です。

この場合は、まず、ナット内の三角パッキンをとりかえる必要が出てきます。最後は、水栓のつけねから水漏れをする場合です。この場合には、水栓の取り付けねじのシールテープをまきかえることが必要となってきます。

自分で水道の修理をする場合は、必ず止水栓、元栓を止めて行いましょう。蛇口から水漏れする場合は三角パッキンが、ハンドル下やナット部分からの水漏れはコマパッキンが劣化している可能性が高くなります。

ホームセンターでは、自宅の部品のタイプを調べてから購入しましょう。メーカー、品番等がわかれば一番良いのですが、分からない場合は大きさを測ったり、スマートフォンなどで写真撮影してお店に行くと探しやすくなります。また、ホームセンターには水道修理のやり方が書かれたパンフレットなどが置いてあります。参考にしながら自分で修理してみましょう。

工具は、ナットをゆるめるにはスパナがあれば修理可能です。しかし、ハンドルをはずして修理する三角パッキンの場合は、ハンドルの種類により、はずすために必要な工具が変わります。

パッキンを修理しても蛇口からの水漏れなどが止まらない場合は、専門業者に依頼し一度内部を点検してもらった方が良いでしょう。

プロにまかせて安心!24時間対応の水道修理なら ≫≫≫ 水道蛇口 水漏れ修理